神田昌典による3月のオンライン講座

オープニングトークで神田が登場する。
いま、ヨーロッパでは第4波のコロナ禍といわれ、ロックダウンする都市も出ている。
エネルギー関連株(特に石油関連)の下落が見られた。

ということで、心配な点はあるものの、現実には目黒通りに桜を見に出る人は増えており
世界は前に進んでいくだろう。
そこで、これからの3ヶ月で何をすれば良いのかというと
リアルへのシフトに向けていち早く準備をするべきである。

2020年当初はリモートシフトを推奨してきたが、
これからはリアルへのシフトだ。

具体的には。「壮大な可能性に満ちている 未来のために自らの健康と生活の安心を」がテーマになってくる。
顧客やスタッフや関係者全員に仕事や安全な環境や居場所を提供できるか。

たとえば、大切な顧客とリアルな場での感謝祭のような場を提供する準備を始めよう。
その際、オンラインでのイベントはサブとして、
本当に大切な人とリアルに集う場をつくるのが大切になるのだ。

リモート環境が増えて、リアルな場を失った人達が増えた結果
こうした場をつくると、喜んで集う人が増えるだろう。

では、あなたの会社は、どんなシンボリックなリアルイベントが開催できるだろうか?


ということで、いよいよ今日の本題に入っていく。
今回もメインテーマはビデオファースト。
その中でも、どのような実践をすれば、効果が出るのかということについて話していこう。
→https://www.thejissenkai.com/20210326
動画は32分から

今回は具体例としてアルマ・クリエイションでの実戦事例が紹介された。
とくに自社で起こった失敗事例から、どこで間違いが起こるのか、その間違いを正すには
どのようにすれば良いのかを神田自らが紹介し説明した。

今後もこうした実例をイベント内でも紹介していくので、あなたの会社でもビデオファーストを実践して経験を蓄積して欲しい。

といことで休憩をはさんで、MVP選考のための神田とのインタビューの時間となった。
こちらのページは会員専用ページです。
続きを読むにはログインしてして下さい。ログイン