神田昌典、ワールド・マーケティング・サミットのモデレーターに!

現代マーケティングの父、フィリップ・コトラー教授が設立したワールド・マーケティング・サミットは、世界中のマーケティング第一人者たちが一堂に会し議論する国際会議。コトラー教授の、マーケティングの知見とノウハウを活かしてより良き社会の実現に貢献したいという理念のもと、世界の名だたるマーケティングの巨星が結集する。
2014年 9月24日、25日の二日間にわたり、東京で開催された「ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン 2014」では、神田昌典がモデレーターの一人として参加。2日目のパネルディスカッション「Improving the World より良き世界を目指して」のモデレーターとして登壇した神田は、ソーシャルマーケティングサービス社 CEOのナンシー・リー氏、環境論の権威でありデポール大学教授のバイロン・ナーサー氏、チュラロンコーン大学サシン経営大学院教授でタイ元財務副大臣のスヴィット・マイアシンシー氏らから熱い議論を引きだし、自らも日本を代表するトップマーケターとしての見解を披露した。
ディスカッションの内容は、発展途上国、環境、教育、地域など多岐にわたり、各パネラーの専門の見地から、それらの問題改善におけるソーシャル・マーケティングの役割と可能性についてが深く語られるものとなった。

初回限定プレゼント 本書編集後に発行された会報誌
こちらのページは会員専用ページです。
続きを読むにはログインしてして下さい。ログイン