生命体としてのビジネスを飛躍させるのが、最新マーケティング手法









 マーケティングとは、単に集客技術ではない。

 マーケティングとは、ビジネスのあるべき未来を浮かび上がらせ、その未来に命を吹き込む作業だと、私は考えている。

 たとえば、世代継承を数年後に控えた後継者がいた場合、経験を積んだ有能なマーケターは、目の前の売上をあげるプロセスの中で、創業者の強い遺伝子を見出し、それを後継者が会社全体に浸透させていくことのサポートを行う。

 つまり、未来に向けて会社を強くしていくためには、戦略構築のための調査や分析だけではなく、組織心理の内面に深く切り込んでいくマーケティングにより、未来の強い組織構築に必要な、創業者の強い遺伝子を引き継ぎながら、目の前の結果をあげる体験を後継者に積ませることが重要なのである。

 その実績をあるからこそ、後継者は、スムーズに会社の成長を引き継ぐ、成長させていくことができるのだ。

 マーケティングとは表層的なテクニックではなく、事業に関わる人間を深く理解し、また事業を行う「場」、地域社会の歴史や伝統、文化と共振するからこそ、ビジネスを持続的に成長させることができるのだ。

 まさに新しい現実を創る取り組みであり、そのためには論理と感性の双方に加えて、継続的な実践が肝要である。マーケティングが衰えれば、ビジネスも衰える。マーケティングとは、変化を乗りこえる筋力そのものなのだ。




初回限定プレゼント 本書編集後に発行された会報誌

こちらのページは会員専用ページです。
続きを読むにはログインしてして下さい。ログイン


THE実践会イベントのご案内
  • ウェルカム・コーチングセッション
  • 神田昌典のライブコンサル
  • シン・ビジネス会議
  • 実践報告会
  • 実践会特別講演会
  • アルマファミリーサミット
  • マーケティング白熱会議
  • 2022全国講演